FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「発達障害を診る」の講演会に行ってきました2
「○○先生は自分のことアスペだっておっしゃるんです」
と言うと
「○○先生も怪しいけど
僕も自分は絶対アスペだと思う
だって僕は場の空気が読めないからー」
とおっしゃったので


そんなもんなんやー
と驚いたことがありました


6日の話に戻るけど


人間どの段階でもやり直しがきくし
それがいつでも いいんだけど


発達障害の場合出来るだけ早いほうがいいらしい



早く気づけば
本人を追い込んでいく要因が減ってくるってこと


だから
親の気づきの大切さ
ちょっと子どもの変わってるってことを
おおらかに認めるという側面をもちながら
疑問を持ったときには


専門家に相談する勇気
学校からのアドバイスに耳を傾ける勇気


が子どもを救っていく


親は子どもを愛している
だからこそ
「うちの子はそんなんじゃありません」
といって 信じることができない


幼少期のサインを見逃し
これが問題を先送りにしていく
それが本当の関わりを遠ざけているとも知らないで
だって
その子に応じた指導をしてあげたほうがいいでしょ


そして周囲が柔らかく受け止めれば
親のかたくなな思いこみも減っていく


だって誰だって危うい部分はもってるから
それを並べたときどこかで基準線を引いてるだけだから


その子の良さを否定することには
決してつながらないから  ね


3月19日
社会福祉総合センターでの講演
「発達をはぐくむ目と心」の申し込み今日しました
行ってきます
スポンサーサイト
【2006/03/07 23:42 】 | 発達障害 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<衣食足りて礼節を知る | ホーム | 「発達障害を診る」の講演会に行ってきました1>>
コメント
--はじめまして--
やっと書き込みするよ~。最近ホームベーカリーを買ったのです。これで生地作りはバッチリかな。teteさんみたいに子供たちといっしょに動物パン焼きたいな~。発達障害の話、心に深く伝わってきました。親が子供を客観的に見つめ、変わっているところを含めて全てをおおらかに認める、これってすごく大切だね。そんな親になりたい、改めて思いました。
by:ピアのん | URL | #-【2006/03/09 01:55】 [ 編集] | page top↑
--ピアのん さん--
いらっしゃーいv-222
お待ちしておりましたわよ
おー、一緒に子育て頑張りましょうね
また、遊んでね!
by:tete | URL | #-【2006/03/09 21:10】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。