FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
書こうかどうしようかな
と悩んでいるが…
貧乏ネタ 節約ネタ
どうしよう
どこからどう書こう 
(一応ハンドメイドのブログやしな)
今日は切手代とどうしようもない出費その他310円
これは、この前o先生から返してもらった
yのカラー帽子代返金の封筒の中から出した
(封筒のまま置いておくな~)
21日の給料日だけど21日が日曜なので
給料は19日にはいる あと8日
こないだのブログにも書いたけど
○ナカの商品券3000円で乗り切るべく現在死闘を繰り広げている
これは想定できないことを想定していなかったミスの結果である
そして今日定期を崩して固定資産税を払った
これが、昨今のビンボーにとどめを刺した
こないだkさんと話していて
「ホントにkさんて優雅でリッチ、趣味にいきてるって感じやな」
と言ったら
「teteさんこそ趣味にいきとるやん!」と言われた
そ、そうなんや 私もはた目から見たら そんな風に見えるンやな
でも、うちは給料日まで商品券3000円しかないし
化粧品は100均やし、化粧水は手作りやし
もうお米もないし、風呂の残り湯で洗濯と掃除してるし
洗濯には何日も柔軟剤使ってないし
トイレットぺーバーもあと2個しかないし
(なくなったらアジアの国のように左手でお尻洗おうかな?
 たぶん無理やろな)
服とか靴とかは今年になってから買ってないし
子どものお菓子も買えンから手作りやし
最近本も買ってないし
趣味のお茶とお花とアレンジメントと着付けと料理のおけいこ
休んでるし
野菜は庭で作ってるし
(これは子どもの情操教育のためでもあるけど)
ずっと欲しい洗濯用ハンガーも買わずに我慢してるし
母の日は全部手作りやし
(これは手作りでやってあげたいっていうのもあるけど)
こんなに頑張ってるのに学資保険はおろか
貯金だって天引きで住宅用にやってるだけやん
どこに行ってるンやロウな 給料
だけど、私がパンと布に異常に執着を示し
(ごめん、ここだけはお金使ってるわ でもここを我慢したら
 叫び出すかもしれん…)
これが生活を優雅に見せてるンやロウな


昨日、マジでヤバイと思い
今まで 手帳に家計簿のまねごとみたいなん書いてたつもりだったけど
エクセルで家計簿を作り直した
なんかエクセルで家計簿作るのって楽しかったな~
なんかそれだけで家計が引き締まったような錯覚を起こすわ~
手帳につけてたら電卓入れるのがめんどくさいけど
エクセルだったら自動やもんね


それでエクセルで先月・今月のデータ入力して計算したら
旦那の飲み代が食費の3倍だった!!
エクセル ウソ ツカナイ やっぱここか!!
だけど仕事してたらどうしても飲みに行くのって必要やンな 
私も仕事してたときは 
多いときは月10回くらい行ったこともあるから
人のことは言えンし 
プライベートでは飲みに行ってない 旦那の努力も見えるしなあ


だけど、自分でも なんだか不思議なのは
お金はないのに何となく気持ちは満たされているというか
貧乏を楽しんでるっていうか
大変大変っていいながら(いや本当に大変には違いないことだけど
心のどこかで納得してる)
仕事でいろんな家庭を見てきて
経済的には 上には上が、下には下がいるってことも見てきたし
2馬力で働いていたときの1万円が今の千円と同じぐらいの価値に
思えることもある


仕事をしていたときには 
いろいろあるけど やっぱり自分が関わった子ども達は
かわいいし 
最前線でやっているという達成感や やりがいという意味では
申し分ないけど
fは病気ばかりしていたし
入園式や参観や保護者会にもあまり出られなかったし、
子どもの様子も全然分からんかった
当時のお部屋の同僚の中には
家族に家事を助けてもらっている人もたくさんいて
帰ったらご飯だけ食べて
持ち帰った仕事がすぐできる~なんて人と
同じだけの仕事をこなすのはちょっときつい
(いや世の中にはすべて自分でやってる人もたくさんいるけどね)


人間ってどんなに活躍している人でも
必ず帰って安らぐというかエネルギーをチャージする場所が必要で
だから衣食住とか どう生活するか
つまり生きていくことの土台の部分が家庭生活で それがとても大切で
そんな家庭の場所とか家庭の中の人間関係とか
そういうことを大事にしたくて 伝えたくて 始めた仕事なのに
(特に自分が小さい頃 親戚とか いろんな場所で育ててもらった 
 っていう経験が あって
 子どもながらに気を使ったり、いろんな生活や人生があるなあ
 なんて感じたり
 そこから、強烈に自分が学びたいテーマを見つけられたっていうのは
 なんてラッキーだったんだろう と思う
 両親との間での葛藤は今思うと人生の早い段階で
 自分にヤスリをかけてくれることになり
 苦しんだぶん少し成長できたな ありがたかったな
 なんて今はおもうけど…) 
だから 普通のひとより そのぶん そういうことが
大事やって 思うンかもしれん


だけど、いくらそういう動機で仕事を選んだとしても
仕事をしていると、責任の大きさとか 目の前のやることに
忙殺されて 子どもとか家族の生活を振り返るゆとりが全くないし
仕事をしている多くのひとがそうだと思うけど
「仕事か子どもか」の選択を迫られると
「必ず仕事をとる」 「とらざるをえない状況がある」


仕事や家事はがんばり通せても
子どものことは自分の努力ではどうにもならないことが 多い
それが学びなのであるんだろうけど



私の場合 就職するまでには いろいろ「思い」があって
大学も親から経済封鎖されたまま、自力で卒業したし
(卒業まで 経済的にも精神的にも励ましてくれた
 周囲の皆さんには感謝・感謝だし
 その経験は今となっては 本当に貴重だったと思うな
 さすがに8円で1週間生活する何て言う貧乏は
 大学生でないとできんな それに比べたら
 まだ3000円あるで)
採用試験の勉強や、実習の大変さ バイトと寮とサークルの両立
なんかを振り返ると
そうまでして努力して得た自分の仕事を手放すのは
大げさな言い方だけど
「これまでの自分半生のすべてを捨て去る」ようで 
辞表を出すまで
誰にも相談できず、悶々とした日々だった


しかも、復帰することが前提でとった長期の育休
「子育てすれば、もっといい仕事ができるから
時代を切り開くつもりで休んだらいい 」と言ってくれた職場の人 
その言葉を裏切ってというか
”休んだまま復帰せず 辞める”という苦しさやうしろめたさ
そして長期の育休をとらせてくれた
職場の人に恩返しできないまま やめてしまうと言う 自責の思いが
オーバーラップして…
それから長いこと休む分、復帰後 仕事に支障がないように
休み中 教材をまとめたりとか
自分なりに本を読んだり、習い事に行ったり 自己研修積んでいたし
休む前は 忙しい 仕事の合間をぬって、
ちょっと無理して 海外で教材集めしてきたりしたものも
無駄になっちゃうし
(これは結構子ども達の興味を惹きつけるというか
 強烈なインパクトをもって 学習に目を向けさせる
 っていうのに 役だっていたんよね)
それでもやっぱり辞めるのか!? と自分に問いかけた


だけど 一方でfは落ち着いてなくよその子を怪我させたりしていたし
お迎えとか、いろいろなことで
仕事をしていく バックアップ体制も難しかった
とくにfのことでは悩みが尽きず
親として今 子どもに向きあうことが
一番自分に とって かけがえのないことのように思えた
仕事を 休んでいて子育てに専念していて こんな状況なんだったら、私が旦那と同じレベルで
仕事したら 子どもはいったい どうなるだろう


親としての責任感と仕事の責任感の両方で悩みに悩んで
自分が二人いたらいいのに なんて変なことも考えたけど
最後は、
「棺桶に入るまで一生、”子どもの犠牲になって 
 仕事を捨てたと 口に出さない」と腹をくくり 辞めることにした
私は、自分の責任とせんたくで、
いま 子どもと家庭に向き合う という生き方を
自ら決めたんだ という意識をもって…
仕事のために学んだことも
また 人生のどこかで役に立つだろうし
役に立たなくても 調べていくこと自体が
結構楽しかったから ま、そんなに キシキシしなくてもええか
お金もなんとか なるやえろう
1馬力で 援助も、もちろんなく 
土地買って 家 建ててる人も
世の中にはいないではないし
もしなんかあったら、最悪 家を建てるなんて
どっちでもいい 
家族が健康で笑ってくらせたらいい


そして… だから… 貧乏になった 笑
だけど、お金がないぶん、子どもに手作りのものを作って
食べさせたり、着させたりしている
物を大事にして、いろいろ工夫して生活を楽しむことができる
環境にもちょっとはマシな生活かな!?
幼稚園の行事にもほとんど参加できるし
子どもを叱ったり誉めたり 親として当たり前のことを
する時間も 精神的余裕もある
(時々子どもにキレていたりするけど)


もちろん親としてはまだまだひよっこで とまどってばかりだし
家のことだって、完璧からはほど遠い(そ、掃除~かたづけ~)
でも 手間暇かけて 生活の土台を大事にする
家族が向き合う
私の人生のテーマの部分、そして仕事で伝えたかった部分
仕事ではないけど ある意味 少しずつ できている


この心の充足感は 何ものにもかえがたいものがある
だから口で不平不満を言いながら
(そこがまだ自分の未熟なところなんだけど)
お金では買えない価値をかみしめている


ふにゃふにゃに ふやけた だしがらのいりこの身をほぐして
メーンディッシュに混ぜるか、はたまた ふりかけを作るか 悩むとき
ダイコンが余って切り干しにするとき
いただいたパン粉を子どものおやつにどう料理するか検索するとき
そんな日常の小さいことに
最高の幸せを感じます
あと8日、やっていけるんか どうかは分からないけど
本気で頑張ります
mさん,Uさん大事に食べます
ありがとうございました








スポンサーサイト
【2006/05/12 00:13 】 | 人生・生き方 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
<<ね…む・い… | ホーム | これが師匠のお弁当です(たまごっち弁当、アンパンマン、わんわん、バイキンマン弁当)>>
コメント
--パン粉でおやつ--
パンプディングしか浮かばない・・・。(^_^;)
いいのがあれば(ここで)紹介してください。(^^)

『心の充足感』を感じられるということは
現状は『いい状態』やと思う。
「常に全てにおいて大満足!」
って状況の人がいたらお会いしたいで。
(いねーよ、そんなの。(笑))

迷いながら悩みながら
何かを捨て、何かを選んで生きていくのが
人間だと思います。

人間以外は
「なんのために生きるか」
とか
「私の使命は」
なんて考えず
花はただ咲くだけ
「どの花よりも綺麗に咲こう」とか
「あの人の心を癒すために咲こう」とか
ないもん。
動物も
ただ生きてる。
「生きるために」というのが全ての行動の源で
それ以上も以下もない。

今手に入れてるものをしっかりと見つめて
認めて、感謝して、
その上で
それより少し心の動かされる方向("上"がいいんやろうけど"横"とか"斜め下"(笑)でもいいんやろな。方向なんて見る人の価値観で変わるものやし。)に向かって進んでいきたいと思ってます。私は。
でも・・・
やっぱり愚痴は言うけど。(笑)
↑"女性の特性"ということでご勘弁を。(^^ゞ
by:おのり | URL | #-【2006/05/12 08:01】 [ 編集] | page top↑
----
>今手に入れてるものをしっかりと見つめて
>認めて、感謝して、
>その上で
>それより少し心の動かされる方向に向かっ>て進んでいきたいと思ってます
おのりさん そりゃあ
ほんまにそうやなあ
生きていくってそういうことやろうなあ
生きているって 
それ以上のことはないもんな
ありがたいことや
ないものにではなくて あるものにしっかりと
目をむけないかんな
トイレットペーパーがないとか
っていうんじゃなくて 笑

子どもと過ごす貴重な時間や
家族のために家事ができる喜びや
地域の人との交流や
いま、呼吸ができていることや
ここに存在することのすべてや
いろんなことをな~
貧乏から見えてくるもの
(この程度の生活を
貧乏と呼べるかどうかはまた別の次元の
問題だけど)
で、ないものがあるから
あるものに視点が向かうというか
捨てたものがあるから
拾ったものに感謝できるというか
こうして 生きとんやろな
って全然わかっとんか分かってナインか
わからんような 自分やけどな 笑

いま、幼稚園から電話があって
「カラー帽子代はじめから○がついてなかったから 返してください」って言われたで
やべー 机の引き出し中探して
小銭集めるで 
こんなオチ 想定外やで 笑






by:tete | URL | #-【2006/05/12 13:25】 [ 編集] | page top↑
--うんうん・・--
帽子代大変だ
(そこ?!)
うちもちょっとかわった家族構成だったので、色々と苦労はしてきた・・と思う
(親みたいな事言ってるよ)
姉弟ケンカもできないし、「ねえちゃん」とも呼んでくれないし、親は仕事行ってたから小1~鍵っ子で留守番&弟のお迎え&ご飯&おやつ&etc・・
今思えばかなり頑張ってたねぇ、と思うけどそん時は夢中やったし(やっぱ親みたい)、何より楽しかったね。
大事だね、「楽しい」と思う事。
「辛い」事もあるけど「楽しい」事があるから乗り越えられるんだよね。

と言いながらやっぱりやってしまう・・
「こらーっ!!!」v-42
by:きいろいいぬ | URL | #-【2006/05/12 17:45】 [ 編集] | page top↑
--きいろいいぬサマ--
そうなんや~
きいろいいぬサンは
小さいころから弟さんのこと手伝ったり
家の中の小さいお母さんだったんやね
きっと私になんかわからない
いろんな思いや経験をしてきたんやろうな
そして、なぜか今もあちこちから
子どもが集まり 何人分かのお母さんを
しているな 
しかしすごい人数やな 笑
きっときいろいいぬサンとは
子ども達も居心地えんやで
ひっきりなしやもんな
そんなことを自然にこなせるっていうのも
きっといままでいろんなことを乗り越えてきた
基礎があるからやろうなあ

帽子代、探せば出てくるモンですな 笑
by:tete | URL | #-【2006/05/12 20:52】 [ 編集] | page top↑
--ビバ節約!--
私もブログで拝見する限りではteteさんは趣味や子育て等、忙しくても毎日が充実してていいなぁと思ってます。お金も無いなら無いなりになんとかなるよ(うちも一年前は旦那が失業し転落期だったけどなんとか生きてるし(笑))柔軟剤がなければお酢で代用出来ます。パン粉は、パン粉3カップ・卵1個・牛乳3/4カップ塩胡椒で発酵いらずのピザ生地が出来ます。パン粉50g・牛乳50cc・無塩バター50g・砂糖大さじ3を混ぜてクッキーが出来ます。←どちらもまだ作った事ないけど(^-^;一度お試しあれ!(おいしかったら教えてな)
by:rくんのママ | URL | #-【2006/05/12 21:47】 [ 編集] | page top↑
--いい事聞いたぁ!--
>rくんのママ
さすがっ!
早速・・
(思いっきり私信)
by:きいろいいぬ | URL | #-【2006/05/12 22:50】 [ 編集] | page top↑
----
学生時代の苦労には横で見ていて頭が下がりました
でも、だから今の状況を選択したのは間違ってないと思う
何が1番大切かは人によって違うと思うけど、仕事辞めても子供と成長することで人生二倍の経験が出来たら良いよね
人生のやり直しじゃないけど、大人まで経験して子供のお陰で気付かなかったり出来なかった事を改めて体験出来るなんてスッゴク貴重なことだよねo(^-^)o
by:やんま | URL | #-【2006/05/13 09:58】 [ 編集] | page top↑
--Rくんのママさま( ビバ!節約コンビ )--
コンビではないな
師匠やな
>お金も無いなら無いなりになんとかなるよ>うちも一年前は旦那が失業し
>転落期だったけどなんとか生きてるし(笑)
あの時は涼しい顔して、さりげに乗り越えたな~あんまりさりげなく節約してたから
悲壮感がなくって 
口にはださんかったけど 
こちらのほうが勇気づけられたで(涙、涙…)
やっぱRくんママさんからは 節約の知恵出てきますね
どこかでパン粉のおやつ見たと思ってたんだけど Rくんとこでみたんやな
検索してもでてこんはずや 笑
これからも お知恵拝借させていただきたいと
思います
よろぴくみん
by:tete | URL | #-【2006/05/13 13:30】 [ 編集] | page top↑
--きいろいいぬサマ--
なんか、
いい情報交換の場になってないですか~
いい傾向だ 笑
   (by 管理人)
by:tete | URL | #-【2006/05/13 13:32】 [ 編集] | page top↑
--やんまサマ--
>何が1番大切かは人によって違うと思うけ>ど、仕事辞めても子供と成長することで人>生二倍の経験が出来たら良いよね
そうなんよ
ま、ホントの貧乏学生時代を
知っているやんま には いろいろ見えていて
深い意味で
私の人生を客観視してくれているんやろうなあ
子どもを産んでからも
ずっと毎日働いている人と 専業主婦の人の
モードというか考え方ってすごい違うと思う
仕事という意味も違うと思うし
きっと吹く風の感じ方まで違うというか
なんか うまいこといえんけどな


もちろんどちらがいいとか悪いとかでもなく
経験のないことって やっぱり
体の髄の部分からは 理解できないことだと思うしな


だけど、図らずも どちらも経験してみて
それはすごくいろんな意味を含めて
楽しかったというか 味わえたな


トータルで見てやっぱり
もし今日人生が
終わっても後悔しないみたいな 選択ができたと言うことは みんなには迷惑をかけたけど
自分には最高の選択だったんやな
by:tete | URL | #-【2006/05/13 13:45】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。